宝成寺の由緒|千葉県船橋市の茂春山 宝成寺|座禅の会・たから塾

お問い合わせ
047-336-1711
メールフォーム

千葉県船橋市の曹洞禅宗 茂春山 宝成寺|座禅の会・たから塾

宝成寺の由緒

  1. ホーム
  2. 宝成寺の由緒

宝成寺について

山号

茂春山(もしゅんざん)

寺号

宝成寺(ほうじょうじ)

宗派

曹洞宗(禅宗)

本尊

宝冠釈迦如来

開山
  • 月渓智泉大和尚(げっけいちせんだいおしょう)
  • 大本山總持寺開祖常済大師十三世法孫
草創開基

葛西六郎茂春 法名、茂春宗繁居士

創立年月

不詳(天正年間、1500年代後期とされる)

縁起

徳川家康公御入国、御順見の際、長久手の戦い、関が原合戦で軍功があった成瀬正成公が供奉し、行徳領に更封を請け、当時下総国葛飾郡栗原郷に於いて知行四千石余を賜る。

家康公御上意にて栗原八か村(本郷村、寺内村、古作村、印内村、小栗原村、二子村、山野村、西海神村)が領地となり、領地内にあった法城寺を菩提所と定め、城の字を成瀬の成字に、法の字を寶字に替え、宝成寺と改める。

草庵同様のたたずまいであった宝成寺は、当山三世、名州太誉和尚の代(1600年代中期)に成瀬氏より法器、仏具の新添をうけ、殿堂の建立も成し遂げ、曹洞宗宗門における一角に、宗風挙揚の専門道場を築き上げた。前本堂は、当山十三世、須山大亨和尚の代(1789年)、犬山城五代目城主、成瀬正泰公により建立されたものである。

歴代住職

開山

月渓智泉大和尚

十五世

頑山仙介大和尚

二世

能山鷹藝大和尚

十六世

月潭泰紋大和尚

三世

名洲太譽大和尚

十七世

祥山千瑞大和尚

四世

蘆洲英荻大和尚

十八世

恭山思謙大和尚

五世

實泉頻秀大和尚

十九世

大訥愚禪大和尚

六世

崇山智燈大和尚

二十世

大義見孝大和尚

七世

玩州智玉大和尚

二十一世

天山義祐大和尚

八世

廣州慧観大和尚

二十二世

海巌本潮大和尚

九世

玉巖元粹大和尚

二十三世

覺眼自性大和尚

十世

戒舟亮授大和尚

二十四世

祖海霊道大和尚

十一世

提山以全大和尚

二十五世中興

活宗隆禪大和尚

十二世

大亮梵英大和尚

二十六世

探玄隆宏大和尚

十三世中興

須山大亨大和尚

二十七世

天山隆春大和尚

十四世

泰山仙陵大和尚

二十八世

太嶽隆誠大和尚

犬山歴代城主

初代

白林院殿直指宗心大居士 成瀬 正成

二代

乾龍院殿一岳宗無大居士 成瀬 正虎

三代

栢貞院殿節功良忠大居士 成瀬 正親

四代

随峯院殿實相轉幽大居士 成瀬 正幸

五代

諦幻院殿泰翁宗峻大禪定門 成瀬 正泰

六代

一珠院殿自得日慶大禪定門 成瀬 正典

七代

舜徳院殿泰岳道寛大居士 成瀬 正壽

八代

淳教院殿一貫以道大居士 成瀬 正住

九代

興徳院殿髙節英嶽大居士 成瀬 正肥

栗原藩成瀬氏について

成瀬正成は徳川家康の側近の一人で、軍功を重ね、天正18年(1590年)に家康が関東に移ると栗原郷4千石を与えられた。その後、正成は関が原の合戦においても軍功があり、境奉行などの職を歴任し、石高を加増されて大名に列した。家康の子義直が尾張徳川家を創設すると、そのお付家老として後見役に任ぜられ、元和3年(1617年)には尾張犬山城主となった。正成は寛永2年(1625年)、江戸で没し、栗原本郷の宝成寺で荼毘に付され、後に日光に改葬された。

正成の死後、犬山城主は長男正虎が継いだが、正成は生前、次男之成に栗原4千石を譲っていたので、之成が栗原藩の2代目となった。その後は之成が寛永11年(1634年)に39歳で没したため、わずか1歳の之虎が跡を継いだ。その之虎も4年後の寛永15年(1638年)に5歳で夭折し、栗原藩成瀬家は断絶した。一方、犬山の成瀬家はその後も続き、明治時代には子爵となった。

宝成寺は、江戸における成瀬家の菩提寺とされていたので、栗原藩断絶後も一族の墓が営まれ、明治9年までの墓碑が残されている。

PAGE TOP